おすすめの選び方

エンゲージリングの準備に際しては、婚約から結婚までに用意する指輪の本数、結婚指輪と重ねづけした場合の相性も踏まえた上で、計画的に予算や購入する品物を考えておきましょう。

2人で一緒に婚約指輪を選ぶ場合、相手の指のサイズやデザインの好みを知るために苦労することはありません。その一方で、サプライズのプレゼントとしてエンゲージリングを贈る場合には、サイズや好みを前もって相手に聞くのも難しくなります。そのような場面では、せっかく購入した指輪が相手の指に合わなかったり、好みと違っていたりすることのないよう、商品を選ぶことが大切です。

まず、相手の指のサイズを知るためには、パートナーが普段、右手の薬指につけている指輪を自分ではめてみて、その結果を販売店のスタッフに伝えるという方法もあります。また、相手が眠っている間に、パートナーの指に何かを巻いてみれば、正確なサイズを知ることが可能です。その他に、相手の友人の協力を得て、パートナーの指のサイズを聞き出すという選択肢もあります。

次に、相手の指輪に対する好みを知るためには、パートナーが普段身に着けているアクセサリーの趣味・趣向をチェックしておくという方法も存在します。その際には、デザインだけではなく、ブランドの好みも把握しておくことが大切です。

語義と相場の理解

これから、結婚の約束をした相手に贈る婚約指輪を準備しようと考えている人も見受けられます。そのような場面では、エンゲージリングの準備をする上で大切なポイントを、前もって押さえておくことをおすすめします。

まず、婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)は、混同されるケースも多いので、注意する必要があります。その内、前者は、結婚の約束をした記念として、男性から女性にプレゼントされます。婚約指輪のデザインには、美しい装飾の施されたものが多く、メインストーンには、「固い絆」と「純粋な愛」のシンボルと言われるダイヤモンドなどがよく使われます。

その一方で、後者は、結婚式で、結ばれるカップルが交換するもので、ペアになっています。結婚指輪は、日常生活の中で左手の薬指に着けるのが通例です。そのように、日常使いに適するよう、シンプルで指馴染みの良いデザインが多く見受けられます。

婚約指輪を準備するに際しては、一般的な相場を理解しておくことも大切です。また、結婚の約束をしてから式を挙げるまでには、婚約指輪とペアの結婚指輪という3本のリングを用意する必要があります。そして、婚約指輪と結婚指輪のブランドを揃えて購入すれば、重ねづけした時の相性が良くなります。最近は、婚約指輪と結婚指輪の3本をセット販売しているところもあります。婚約時には婚約指輪を、結婚式には結婚指輪をつけ、その後は婚約指輪と結婚指輪を2連で付けるデザインになっています。人気があるようで、デザインも豊富です。選択肢に入れてみるのも良いでしょう。

参考・・・http://gala-okachimachi.com/fair/fair_e2.html

婚約指輪の準備

婚約した相手にプレゼントするリングを用意する際には、然るべきポイントを事前に押さえておくことが大切です。婚約指輪と結婚指輪は、混同されることも多いのですが、贈る目的や時期、用途、デザインの特徴などに違いがあります。それらの相違点を理解した上で、エンゲージリングにふさわしい品物を選ぶことが大事になります。

また、婚約指輪の価格には、世間的な相場というものがあるので、前もって知っておくことをおすすめします。そして、婚約指輪を準備するからには、ペアの結婚指輪も用意することも想定されるので、その点も考慮に入れ、計画的に予算を建てておくことが大切です。

婚約指輪選びを、パートナーと一緒にする場合には、相手の指のサイズやデザインの好みが分からなくて困ることはありません。一方、サプライズのプロポーズをする際に、婚約指輪をプレゼントする場合、それらの情報を、相手から直接聞き出すことも難しいという問題があります。そうした問題を解決するために、相手に気取られないよう、指輪のサイズや趣味・趣向を知るための方法をあらかじめ理解し、実際の行動に移すことが大切です。

ここでは、結婚の約束をした相手に贈るエンゲージリングの準備について、詳しく解説してまいります。皆さんの中で、婚約指輪の選び方を間違えることなく、パートナーに喜んでもらいたいと考えている方は、これからご提供する情報をチェックし、役立ててみて頂ければ幸いです。